うごかすチカラ!YCU

横浜市立大学 COC COC

これはsingle-ppage.php

団体紹介:YDC

これはcontent-page.php

医学生・看護学生が創る『医療』教育

医学部の医学科・看護学科の学生が、小中学生に医療の仕組みを教えることで、医療の適正利用を広めるプロジェクトです。

今まで多くの訪問事業を実施しており、また、健康福祉局と連携しながら「教材づくり」を行うことで、この取り組みを拡げています。

(2011年度より訪問活動を続ける継続事業。)

私たちの活動の目的

医療への関心の高さ(H22年度までの横浜市政への要望5年連続1位)に対し、"医療を知る"機会がないという現状 例)訴訟リスク、医療への過度な期待、命の関わる問題

「教育」によって医療像を知ってもらうことが、この状況を解決する

「教育」の場は義務教育

「教育」の場は義務教育
「教育」の場は義務教育

間接的に日本全国を啓発

間接的に日本全国を啓発

未来の日本も啓発できる

未来の日本も啓発できる

活動の内容

教材(医学生・看護学生が創るテキスト)の作成

  1. 誰でも教えることのできる教材作り
  2. 昨年度までのフィードバックの集積を生かして教材の質を更に向上
  3. 現場の教員の方の意見を取り入れる
  4. 新たな内容の検討

広報活動

ヨコハマ大学まつりへの参加

動画作成

訪問授業の実施

市内の小中学校へ訪問授業を行っています。

活動履歴・成果

2015年

訪問授業実施
・横浜市立南陵高校(高校3年生)
・横浜市立港南台第一小学校(小学6年生100人、小学5年生86人)
・横浜市立並木第四小学校(小学5年生60人)
・横浜市立南高校付属中学校(中学校1年生4クラス160人 各クラス1コマ)

情報発信
・ヨコハマ大学まつり(来場者 小学生20人、中学生16人)
・金沢区 1Day Walking に参加

2014年

訪問授業実施
・横浜市立港南台第一小学校 (小学6年生 2クラス68人 各クラス1コマ)
・横浜市立南高校附属中学校 (中学校1年生 4クラス160人 各クラス1コマ)

情報発信
・ヨコハマ大学まつりに参加 (来場者30名)
・全国公立大学学生大会に参加

成果
・ 学生が取り組む地域貢献活動支援事業 優秀賞

2013年

訪問授業実施
・横浜市立南高校附属中学校  (中学校1年生 4クラス160人 各クラス1コマ)
・横浜市立西本郷小学校 (小学6年生 2クラス80人 各クラス1コマ)

情報発信
ヨコハマ大学まつりへの参加

成果
・ 学長奨励賞
・ 学生が取り組む地域貢献活動支援事業 最優秀賞

2012年

訪問授業実施
•横浜市南高等学校附属中学校への訪問授業 (中学校1年生 4クラス 160人 各クラス1コマ)
•横浜市並木中央小学校への訪問授業 (小学校6年生 2クラス 約60人 各クラス2コマ)

情報発信
大学案内掲載、金沢区校長会にて本事業を紹介

成果
学生が取り組む地域貢献活動支援事業最優秀賞

2011年

訪問授業実施
•横浜市並木中央小学校への訪問授業 (小学校6年生 2クラス 約60人 各クラスで2コマ)

成果
1. 学生が取り組む地域貢献活動支援事業認定
2. 事業報告冊子作成

2010年

提言実施
•横浜市への政策提言実施
中間報告書提出   51件
最終報告書提出   35件
政策提案発表会   21件
都市経営局との会議 1件
小学校教諭および、厚労省医務官へのヒアリング

成果
1. 横浜市中期4ヶ年計画掲載
2. 学内政策提案会/表彰

2008年

具現化
•能見台小学校での実地調査
•公衆衛生学での政策提言実施

成果
1. 最優秀政策提案賞
2. JASSO 優秀学生顕彰事業
  社会貢献分野 奨励賞

2007年

課題抽出/問題提起
•大規模調査の実施(N=700)
•市民公開型シンポジウムの実施

情報発信
新聞:40報 テレビ:4報
書籍:3報  学会:4報

成果
1. 学長奨励賞
2. 産婦人科学会 発表賞
3. 報道発表 多数

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年度の計画についてはこちら

2015年度の計画についてはこちら

2014年度の実施内容についてはこちら